南アフリカランド 外貨預金

お気に入りに追加

南アフリカランドの外貨預金の金利と手数料

 外貨預金で南アフリカランド投資を始めたいという人も多いと思います。以前は、預金金額の下限が大きく10万程度ないと取引でなかったのですが、今なら1000円程度から取引できるので、ハードルがかなり下がりました。

 外貨預金で注意しないといけないのは、各銀行ともに、キャンペーン的な金利の設定があることです。

 楽天銀行なら外貨定期預金において7日間だけ35%など、かなり有利に思えるキャンペーンになっています。ただ、キャンペーン金利が適用される期間が短期間だけであること、キャンペーン期間が過ぎた後は、通常の金利に戻ることを考えて取引しなくてはいけません。

 短期間で解約して、また預けなおすという方法もありますが、手数料負担が多く、金利分をペイできないケースもあります。

 こういった理由から下記の表は、通常の預金金利と定期金利のみを掲載しています。金利的に一番有利なのは、楽天銀行になります。

銀行名 為替手数料 普通 1ヶ月
(定期)
3ヶ月
(定期)
6ヶ月
(定期)
1年
(定期)
預金金額
楽天銀行 0.30円 3.00% 4.00% 4.65% 4.70% 5.15% 100ランド~
1035円相当
新生銀行 0.12~0.25円 1.50% 3.00% 3.00% 3.50% 3.50% 1000円以上
東京スター銀行 0.25円 2.10~2.50% 2.20% 2.30% 2.40% 2.50% 1000通貨以上
1万円相当

外貨預金は金利面で若干不利。少額からなら外貨MMF、金利狙いならFX

 外貨預金も取引通貨量が1000円程度でOKからになり、取引しやすくなりました。ただ、金利面を考えると、外貨MMF、レバレッジをかけたFXなどには劣り、定期預金であれば、定期なので、自分の好きなときに売り買いできず、タイミングとして円高となった場合に思わぬ損をする場合もあります。
 また、外貨預金は預金保護の対象ではありません。

 少額から、南アフリカランド投資を始めたいのであれば、外貨MMFです。
 楽天証券・SBI証券なら10通貨単位から取引が可能。
 また、預金保護の対象ではありませんが、分別管理の保護の対象です。

→外貨MMF取引

 金利重視、南アフリカランドの高金利を享受したいのであれば、FX。
 金利が高いDMM FXなら1万通貨で、1日あたり15円のスワップ金利。年間5475円の金利収入ですから、年利換算では約7.6%となります。
 レバレッジを効かせれば2倍で約15.2%、3倍で約22.2%と夢は広がります。

 また、手数料がDMM FXなどなら1.4銭程度とかなり安くなっており、頻繁に売買しても手数料で損をすることがありません。
 為替変動との兼ね合いもありますが、レバレッジ1倍で持てば、外貨預金と同じ為替リスク。それでいて、金利がこれだけ違うのがFXの有利な点です。

→FX取引