南アフリカランド 外貨MMF

お気に入りに追加

南アフリカランドのMMFを証券会社別に比較

 南アフリカランドは、外貨MMFも高金利です。5%を超える金利が得られるほか、外貨預金よりもメリットがあります!
 それは、税金のメリットと取引単位のメリットです!

 税金のメリットは、MMFに投資をしていた場合、円安時には、為替差益を得ることができまるのですが、外貨預金が、為替差益に対して税金が必要なのに対して、2015年中は、MMFは為替差益分が非課税で確定申告する必要もありません。
(※税制改正で2016年より外貨MMFも課税されるようになります。)
 取引単位のメリットは、少額の投資が可能なこと。
楽天証券・SBI証券ともに、10通貨(ランドなら約100円)から取引ができます。

 手軽に南アフリカランド投資を始めるならMMFは、有利。
 ただ、多くの金利を得たいなら、レバレッジが活用できる分、FXがもっと有利です。

証券会社 利回り 為替手数料 通貨単位
カブドットコム証券 5.87% 25銭 1万円~
楽天証券 5.870% 30銭 10通貨から
SBI証券 5.870% 50銭 10通貨から

→最新の南アフリカランドの金利はこちらから


 少額(100円~)で取引したいなら楽天証券、SBI証券ですが、手数料の安さから楽天証券が有利になります。

 ある程度まとまって、毎月1万円を積み立てるなど、投資の一環として考えるなら、もっとも手数料が安いカブドットコム証券が有利です。若干、金利で負けているように思うかもしれませんが、3社の南アフリカランドの利回りは年間で見ればほとんど変りません。